あなたは社員を教育する側?される側?

新入社員や勤続年数が少ない方は、教育される側

新入社員や勤続年数が少ない方にとって、社員教育は教わる側になる事がほとんどです。知識や情報に関しても、ベテランの方と比較しても劣っている事が多いです。それに加えて、経験値も不足している事が多いので、社員教育を受ける側に回る事が多いです。 その為新入社員や勤続年数が少ない方にとって、大変で重要な時期でもあります。タイミングによっては、多くの社員教育を受けていかないといけないので、日々勉強していかないといけません。そこで諦めてしまうのではなく、不屈の精神で地道に努力する事ができれば、現在は教えられる立場かもしれませんが、後に教える立場に変わる可能性もあります。 多くの先輩社員や上司から、色々と教えてもらえる立場なので、今の立場を利用してどんどん吸収してもらいたいです。そしていつかはその先輩や上司を超える逸材へと成長する事ができれば、会社のエースとして活躍する事ができて、素晴らしい業績を残す事ができます。

中堅クラスや上司は教える立場の社員教育

若くて優秀な人材を数多く集める事ができれば、会社の存続を安泰させる事ができます。そして業績も右肩上がりにする事ができるので、優秀な会社へと成長させる事ができます。それを実現させる為には、若い社員に対して、定期的に社員教育を実施して、育てていかないといけないです。 必ずしも若い社員は、自分で自ら勉強しているとは限りません。そこで勉強できる環境を提供する事で、若い社員は自ずと努力や勉強を実施していく可能性があります。そこから中堅クラスや上司は、色々とアドバイスや助言をする事で若い社員が持っている才能を引き延ばして上げる事ができます。この好循環を上手く作り出す事ができれば、素晴らしい会社としていつまでも運営していく事ができるはずです。 教える立場として参加する社員教育は、非常に難しいです。しかし若い社員を成長させる為には、どうしても必要な教育になっていますので、効率よく教えられるように、スキルを身に付けておかないといけないです。