社会では一匹オオカミでは生きていけない!?

相手とのコミュニケーションが大切

会社は、個人で仕事をしているのとは異なり、部署内の仲間であったり、上司とのコミュニケーションが必要になってきます。ですので、どうしても社会で一匹オオカミになってしまうようなタイプですと、会社に勤めるという事が辛くなってしまうでしょう。 ですが、ここでいうコミュニケーションと言いますのは、あくまでも最低限のチームワークの事を指しているのであって、沢山話をして、相手の事を深く知らなくてはいけないという事ではありません。 会社は会社、プライベートはプライベートだという風に、はっきりと分けている人も沢山おりますので、会社の中で、どうやって仕事を円滑に進めていけば良いのかというのを考えれば、必然としてコミュニケーションの大切さが理解できるでしょう。 たとえ与えられた仕事が、個人であったとしても、部署内でどれくらい作業が進んでいるのかといった共有は大切です。一匹オオカミも確かに格好良いかもしれませんが、最低限のコミュニケーションスキルはつけるように心がけましょう。

まずは挨拶から始めてみましょう

会社の中で、部署の仲間とコミュニケーションを円滑に取るためには、まずは相手との距離を縮める必要があります。当然ですが、相手との距離を考えずに、突然図々しく距離を縮めてしまっては、かえって遠下がってしまう可能性がありますので、注意が必要です。 その為に必要になってくるのが、挨拶です。おはようございます、お先に失礼します、など、当たり前の挨拶ではありますが、まずは、相手に届く程度の大きさで、はっきりと言う様に心がけてみましょう。 小さい声で言っているのか解らないように言ってしまいますと、相手にも何を言っているのか聞き取りにくくなってしまう為に、せっかくの挨拶も流されてしまいます。大きな声ではっきりと挨拶をすれば、相手も返してくれるようになりますので、自然とコミュニケーションがとれるようになってきます。会社で円滑にコミュニケーションを取る為には、まずは自分から努力をして、相手に近付くという事を心がけてみましょう。そうする事で、自然と相手とコミュニケーションを取れるようになりますし、社会で一匹オオカミになるという事も無くなるでしょう。